So-net無料ブログ作成
検索選択

病気、障害、うつ病等のニュース

 うつ病・パニック障害になった芸能人 

カテゴリー:病気、障害、うつ病等のニュース

病気、障害、うつ病等のニュース ブログトップ
前の1件 | -

ビジネスサービス発達障害って何? [病気、障害、うつ病等のニュース]

ビジネスサービス発達障害って何?というタイトルで、記事を書きたいと思います。

1 ビジネスサービス発達障害とは?
2 ビジネスサービス発達障害の活用法は?
3 ビジネスサービス発達障害の就労訓練について
スポンサーリンク



大人の発達障害が取り上げられるようになってから随分経ちますが、仕事が出来る高い能力を持ちながら、発達障害が原因となって仕事が出来ないという、なんとも不思議な現象が起こっているようです!

社会的にも、この発達障害を抱えている人との付き合いが難しくて、敬遠されがちな状態になっている方もいて、社会や家庭に混乱を巻き起こしているようです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

そんな中、ビジネスサービス発達障害というものが始まったというのです!

一体これはなんなのか?

分かりやすく情報をまとめていきます!

いつもクリックしていただきまして、ほんとうにありがとうございます!
人気ブログランキングへ

ビジネスサービス発達障害とは?

ビジネスサービス発達障害とは?.png

実はこのサービスを始めた会社自体は、昭和61年頃から始まったものなんだとか!

大人の発達障害が広まったことで出来たサービスではなく、これほど発達障害が広まる以前から、障害者のためにビジネスサービスとして展開してきた、社会に対して、仕事を通じて貢献したいと考えているのだけれど、様々な障害を抱えていることでそれが難しいという方へ、その夢を実現させるために東京都と株式会社システナが作った第三セクターです!

第三セクターとは、国や地方時自体が、民間企業と共同出資して行う事業のことです!

民間活力活用の方式のひとつなんだとか!

発達障害や身体障害を持つ、障害があることで、仕事を探しにくい方を対象に、サポートをし支援をしていくというものが、ビジネスサービス発達障害となります!

発達障害が広まりを見せたため、厚生労働省から、この会社が、「平成26年度に発達障害者就労支援者育成事業(東海・北関東・南関東・東海ブロック)」を受託したことで、ビジネスサービス発達障害はスタートしました!

この事業では、発達障害の人の就労支援者を育成する目的で、上に書いた書くブロックで交流会や講習会を行っています。

ビジネスサービス発達障害で行っている講習会や交流会では、次のようなことを行っています。

● 就労者支援を実際に行うにあたって必要な知識を学ぶ
● 実際に発達障害を持っている人で、企業に就労している人からその仕事に就くことになったプロセスや、実際に働いている中で難しいこと、楽しいことを共有する

国も企業も、国民のために、このようなビジネスサービス発達障害などを展開してくれているのです、個人的に知らなかったので、有り難い話だなと、温かい人の気持ちが嬉しくなります。

発達障害の方にとって、このようなサポートをしてくれるサービスがあり、企業にとっても、人材を獲得するために、これらのビジネスサービス発達障害というものがあれば、いろいろと理解することも出来ますし、分からないこともアドバイスしてもらえますから、非常に合理的な考えのサービスとなります。

実は、発達障害や精神障害がある人は、就労するために特に次のような心配事があるようです!

● 学校を卒業後の進路が決まらないので不安だ
● 働きたいのだけれど、どんな仕事が向いているのか分からない
● 就職試験で採用されて働いた経験はあるけれど、長く続けて働けない
● 現在仕事をしておらず、働きたいのだけれど雇用に結びつかない
● 求人へ応募する方法や、企業の欲しがっている人材や、採用のポイントが分かりません
スポンサーリンク



ビジネスサービス発達障害の活用方法

ビジネスサービス発達障害では、一体どんな風に仕事のサポートをしてくれるのか?

こちらでは、1~3ヶ月の就労訓練と、最長2年の就労移行支援サービスをしてくれ、様々なニーズに合わせて専門のスタッフが支援を行ってくれるのです!

御存知の通り、発達障害の方などは、就職できたのはいいのだけれど、その後職場で、一般の方とは少し違う配慮をしてもらう必要が出てきます!

長く仕事を続けるためにも、雇用する側の意識も変えていかなければなりません、ですから先ほど書いたように、企業向けの交流会や講習会で、発達障害などの人たちには、こんな配慮が必要ですという知識なども提供して理解を求めて、両者がより働きやすい環境づくりが出来るようサポートをしてくれていますので、発達障害と診断された方は、ビジネスサービス発達障害を活用して仕事を探すという道もあります!

雇用されるのではなく、自分で仕事を作るという方法もありますが、これは人によりけりですから、自分は就職をして企業で働きたいのだと考えている方は、ビジネスサービス発達障害を活用されるといいようです!

ビジネスサービス発達障害の就労訓練について

ビジネスサービス発達障害の内容は?.png

それでは、ここからは、株式会社システナが行っている、発達障害向けの就労訓練にはどんなものがあるのか見ていきます!

● 働くための生活リズムの作り方
● 挨拶、身だしなみ、報告のやり方などの基本的なビジネスマナー
● 人間関係のためのコミュニケーションスキル
● その人の適性を見極めて職業や業種をアドバイス
● パソコンのスキルアップ
● 本人にどんな強みや弱みがあるのかを理解する
● 求人広告などの見方
● 企業に応募するときの履歴書などの書類のチェックや、表現方法やり方のアドバイス
● 企業などの面接に同行して雇用されるよう支援する
● 職場で長く安定して働けるように支援する

ちなみに2014年には、88名の訓練生の中で40名が就職できたということです!

働いている発達障害の先輩からのメッセージなどもお伝えしているようですから、不安があって、二の足を踏んでいる方は、こちらの意見などを聞いて、どのような状態なのかを知ることが出来ますので、安心出来ますね!

すでにビジネスサービス発達障害を通して、就職をして働いている同じ症状を抱える先輩の姿が見られれば、働く自分の姿を想像しやすくなります!

このように、発達障害と診断され、仕事をどうしたらいいのかと、困っている方に、国と民間の会社がタッグを組んで、ビジネスサービス発達障害をスタートさせたのです!

国としても、このような状況になっていますから、民間の力を借りて、なんとか国民に仕事を持ってもらえるようにとの配慮をしてくれているようです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

現在、日本で働く多くの方が、正社員となって働いていないという現状もあり、一般的な人たちがこのような状態にある中、発達障害という診断をされた方が、安心して働ける状況を提供してくれるビジネスサービス発達障害は、ある意味希望の光にもなってくれるのではないでしょうか?

知らない方もまだ多くいると思われるビジネスサービス発達障害ですが、1人でも多くの方にこのようなサービスがあることを理解してもらい、活用できるのなら就労訓練などを受けて、長く続けていける仕事を見つけていていただければと思います。
スポンサーリンク



今回は、ビジネスサービス発達障害というサービスについて情報をまとめていきました!

共通テーマ:芸能
前の1件 | - 病気、障害、うつ病等のニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。