So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリー:健康情報

健康情報 ブログトップ
前の1件 | -

痩せすぎの女性が注意すべき3つのポイント! [健康情報]

痩せすぎの女性が注意すべき3つのポイント!というタイトルで、記事を書きたいと思います。

1 痩せすぎの女性が注意すべきデメリットやリスクは?
2 日本女性が痩せすぎた体を求める理由(経験からのエピソード)
3 痩せすぎの女性がかかりやすい病気は?
4 現代人は、食事の摂取方法が下手?
5 痩せすぎの女性が注意すべき3つのポイントのまとめ
スポンサーリンク



日本人の女性は痩せすぎ願望が強いと言われるようになって随分経ちますが、摂食障害となる女性も少なくない現代で、痩せすぎ女が注意すべきポイントについてなどの情報をまとめていきます!

いつもクリックしていただきまして、ほんとうにありがとうございます!
人気ブログランキングへ

痩せすぎ女性の注意すべきデメリットは?

痩せすぎ女性は注意が必要.png

まずは、痩せすぎの女性が注意したいポイントの中のデメリットやリスクについてご紹介していきます!

● 女性ホルモンのバランスが崩れる
● 疲れやすくなり免疫力が落ちる
● 内臓機能が低下する
● 冷え性になってしまう
● 骨盤や背骨が歪みやすくなってしまう
● 卵巣機能が低下してしまい妊娠しづらくなる
● 骨がもろくなって骨粗鬆症になりやすくなる
● イライラしたり、記憶力が低下してしまう
● 神経質そうな人だと思われやすい
● ある程度年齢が重ねている方だと老けて見えがち
● 女性らしいぷっくらとした体つきでないので、女性らしく見えない

近年、若い女性の痩せすぎが問題となっていますが、現状を調べていくと、どうやら国が推奨する摂取カロリーの半分ほどしか食事を摂取していない人が増えていることも、痩せすぎ女性が多くなってきた背景にあると考えられるようです。

若いうちから、痩せすぎた体でいつづけることで、一番のデメリットとなるのは、やはり自然な妊娠、そして出産だと言われています!

それでなくても現代女性は、忙しい毎日を送っているため、痩せすぎに注意するだけではなく、女としての魅力を考えたときに、あまりにもげっそりとしすぎているのは、エネルギー不足にもなるため、はつらつとした健康美には見えませんから、損に見えてしまうこともあります。

なんでも厚生労働省の統計があるのですが、20代の日本人女性の23・4%、30代の女性の14・7%が痩せすぎであることが分かっているようです。

これは、他の国と比べても、圧倒的に高い数値だということで、近年女の人達の痩せすぎに注意が必要だと啓蒙活動を続けている人達もいます!

では、女として生きている人たちが、痩せすぎた体を求めてしまう理由は一体どんなものがあるのか?

日本女性が痩せすぎた体を求める理由は?

なぜ痩せすぎてしまうのか?.png

やはり一番多いと考えられるのは、人の目を気にして、痩せすぎでも太っているよりは見た目的にNGではないという考えが一般的に根強く浸透しているようです!

実は女性が、常に体型に注意をしている理由のひとつに、理想の自分に近づきたいという思いが心の奥底にしっかりと根付いているといわれています。

これは例えば、人気の高いモデルやタレントなどを参考にして、あんなふうな体型になりたいと憧れて、その姿を自分の理想とすることで、痩せすぎた体を手に入れようとファイトするのです!

そう、女にとって痩せすぎていることは、美しいと同意語になってしまっている面もあるということなのです!

そして、より素敵な男性をゲットするためにも、やはりある程度自分の体型を維持して、どんな場面でも素敵な自分でいられるようにとの願いも強く持っているのです。

いろんな男性がいますが、ある程度スリムな体型の女性を好むとはいわれていますが、こればかりは個人差があるので、一概に痩せすぎた女性がいいという話にはなりません。

ただ、個人的経験から、すこしふっくらとしていた頃に、急激に痩せすぎたことがありましたが、あのときは周囲の男性から、かなり「前のふっくらとしていた頃のほうがいい」と、何度も言われた経験があり、経験談からは、あまりにも痩せすぎた女はモテナイというか、多くの男性から好まれないんだなと理解したことがあります。

ぷにっとしたあの女性独特の感じが、やはりその体を持っていない男性からしたら、触ってみたい、気持ち良さそう、可愛いと感じているようです(あくまでも個人的経験です)。

他には、やたらと痩せすぎた女のほうが好きと豪語する人もいましたし、健康なら特に太りすぎでなければ気にならないという人もいて、いろんな見方があることを20代の頃に理解したはずなのに・・・個人的に摂食障害を発症させてしまい、さんざんな目にあった経験があるので、やはり痩せすぎの女は注意が必要だと思います。

先程もリスクやデメリットのところで書きましたが、免疫力が落ちてしまいますし、冷え性になり、体力も落ちてしまい、さらにはイライラしたりと、書いてある通りの状態を経験してきたので、ある程度健康を保ちつつスリムな体型を維持するという考え方なら健康的であると思うのですが、病的になると、女性ホルモのバランスが崩れたり、女としての魅力を失ってしまう可能性も高くなりますから、注意が必要だと思います。

しかも、現代女性は、痩せすぎた体を持っていることで、妊娠しづらくなっていると言われていて、そのため若いうちから妊活を意識する人達もいるようですから、体型が痩せすぎたことでいろんなリスクが起こるようです、出来るだけ急激な痩せなどには十分注意が必要だと、経験からも思います。

他に、女性が痩せすぎた体型を維持しようと考える理由は、次のようなものがあります。

● 健康にいいから  ● ファッションや容姿を気にするから

やはり、特に若い女性になると、まだまだ女性ホルモも活発に出ていますから、異性を惹きつけることにも興味はあるでしょう、お洒落やファッションに対してアンテナを張っている世代でもあります!

友達同士での会話の中にも、ファッションに関することも出て来ますから、話の輪に入れないと困るという面もあると考えられます。

容姿やファッションを整えておくことで、美しい自分を保ちたいという願望もあるでしょうし、上の世代がメタボリック症候群で、話題となって健康に悪いから痩せましょうと指導されている姿を見て育っていれば、自然と健康のことも考えると、太りすぎなようにしようという意識が働くのも仕方がない部分があると個人的にも思います。

痩せすぎの女性がかかりやすい病気は?


痩せすぎていても、それが体質的に合っていて普通のことなので、まったく健康に害がないという方もいますが、痩せすぎていることでどんな病気にかかりやすくなるのか?

● 女性ホルモンの低下による生理不順や不妊 ● 低体温 ● がん
● 貧血 ● 糖尿病  ● 骨粗鬆症 ● 摂食障害  ● 心疾患 ● 脳血管疾患

一般的には、このような病気に注意が必要になると言われていて、現代女性の痩せすぎは、医学の世界でも問題視されているため、改善していかなければという動きが起こっているのです。

若い頃から極端な痩せすぎの体を維持し続けたことで、年齢を重ねた時に寿命を短くしてしまうという調査結果も出ています。

ただこれらはやはり、個人差もありますから、ひとつの可能性であると考えたほうがいいとは思います。

不健康に痩せすぎている女性の、様々な健康へのリスクはいろいろと言われています、病的な状態の方は、やはり改善が必要だと考えられます。
スポンサーリンク



現代人は、食事の摂取方法が下手?

個人的にも、摂食障害まで経験したため、痩せすぎて免疫力が落ちた体と、筋肉が削ぎ落ちた体型を作り治すために、運動を始めて、食事の摂取の仕方などの学びを続けて、一体どんなものを食べればいいのかを学び実践して理解してきたプロセスで言えることは、パンを食べるならおにぎり、タンパク質や野菜をしっかりと摂取する、これらを基本として、時々好みのパンやパスタ、麺などを食べるという工夫をすることが大事ではないかと思います。

何故なら、現代人の多くはこれが逆になっているパターンが多いからでもあります。

普段からおにぎりなどの米よりも手軽に食べられるファーストフードなどや、コンビニやスーパーで買えるパンなどを、歩きながら食べている人をよく見かけますし、家族の職場には、お昼ごはんはどん兵衛だけという方もいるそうです。

これでは、体を動かすために必要な栄養素がまったく摂取できていないだけでなく、いろんな面で心配になってしまう食生活になっている方が多いようです。

なんでも以前NHKの「クローズアップ現代」という番組で、現代女性の痩せすぎをテーマに番組をまとめたようですが、痩せすぎの割合が過去最高になったというのです!

そして、現代女性の一日の摂取カロリーは推定で1,500kcalで、数多くの女性が、実は1,000kcal未満であることが、ある団体の調査で分かったのです!

ある女性は、一日の摂取カロリーが1、009kcalしか摂取していないのです。

朝はヨーグルトとココナッツオイルが入ったアーモンドミルク、いちじくが2つ、お昼はサラダとキッシュ、おやつにチョコレと1/3個、夕食は帰り道でナッツをつまむだけなんだとか!

しかも、長い就業時間をしている人のほうが朝ごはんを食べない率が高く、多くの女性達は、自分が痩せすぎていることに注意するどころか、特に気にもしていないという調査結果も出たようです!

痩せすぎ女性の食事.png

ただ先程も医療機関で女の痩せすぎが問題視されるようになっていて、動きは出ているのです。

何故なら、痩せすぎている母親から生まれる子供が、年々増えていることで、低体重児の赤ちゃんが生まれてくる確率が、先進国の中で日本は最も多くなっているのです。

生まれてくる赤ちゃんの体重は、なんと2500g未満、この割合は、2013年に調べたところ、9・6%になっているのです!

これにはどんな問題が潜んでいるのかというと、生まれながらに赤ちゃんが、生活習慣病のリスクを背負っているということです。

アメリカの調査には、生まれた時に低体重児だった人ほど、成長後に糖尿病のリスクが高まることが分かっていて、他には心筋梗塞などにもなりやすいと言われています。

母親となる女性の体が痩せすぎていることで、様々なリスクが赤ちゃんにまで及ぶ、こんな話を聞くと、体とは自分だけのものではないのだなと実感出来ます!

先ほどの女性は、ヨーグルトやアーモンドミルク、ナッツなど、一見すると体に良さそうなものを食べているように見えますが、かなり栄養が不足している食事内容だと、個人的には思います。

実は摂食障害を発症する前も、個人的に似たような食生活をしていて、いわゆる、どうやって食べたらいいのかが分からなかったため、その後学びながら実践していくプロセスは、かなり大変だったのです!

何故ならすでに摂食障害を発症していて、過食嘔吐、拒食症などを経験しながら、健康を目指して様々なことに取り組んでいったからです。

健康な心身を持っていて、食生活の改善をするために、学んで実践するのと違い、かなりのマイナスな場所からの始まりだったため、体力は落ちているし、筋肉はげそっと削ぎ落ちているし、いろんな面で、やるべきことが数多くあり、落ちた免疫力や体力を回復させるために、有酸素運動なども取り入れながら、筋トレをしつつ、食事の摂り方などを学んで、拒食症でもありましたから、自分の心をなだめつつの、長い道のりでした!

もちろん、家族も協力をしてくれて、食事を作ってくれたりと、いろいろとお世話にもなりました。

食べるという行為は、本来なら喜びのはずなのですが、それを楽しもうとせず、毎日夜はナッツだけとういう偏った食生活は、人生の楽しみを放棄していると、さんざんそれをやってきて経験して、理解してきたため、素直にそう思います。

美味しいものを、愛する人や大好きな人たちと一緒に楽しみながら食べる喜び、これが失われてしまっているのは、非常に残念ではあるのですが、これもまた人間の進化のプロセスなのかもしれませんね。

不食という生き方を実践している人もいて、食事はそれほど食べなくてもいいと言う医師もいます。

空腹を感じると、人間の体内は成長ホルモンが出るという説もあり、若返りに効果的だということで、一日一食しか食べない芸能人などもいます。

ですがこの芸能人は、一日一食のその中で、しっかりと楽しみながら食事を摂取しているという点においては、痩せすぎが心配される現代女性とは、食べている内容が違うという面をご理解いただければと思います。

現代人は、食事の摂取方法が下手になっているという意識は、個人的にも持っているのですが、それは食べるということを、専門的に学ぶということがすべての人にできていないという面があるからで、こればかりは、ひとりひとりの選択になりますね。

そして、先ほどの、夜はナッツだけしか食べないという女性の食生活や、朝はヨーグルトなどの食事だけという生活が続くといことは、かなり摂食障害に近づいている精神状態になっている可能性もありますので、十分注意してください。

痩せすぎの女性が注意すべき3つのポイントのまとめ

痩せすぎの女性が注意すること.png

それではここからは、痩せすぎ女性が注意すべきことについて、個人的経験や学びから、こんなものが3つのポイントになるのではといった情報をまとめていきます!

あくまでも個人的に学んで経験し理解してきたものですから、全ての方に当てはまるものではありません。

● 自分の体について理解する

これは、例えば、同じ身長と体重であっても、その人の生まれ持った骨は細いタイプなのか、骨太タイプなのか、筋肉質な体型なのか、どちらかというとあまりむっちりと筋肉がついていない細身の体つきなのかによって、適正な体つきは異なることを知りましょう!

● 食事は人生の楽しみのひとつだと理解しましょう

痩せすぎ注意の女の方達の、食生活を調べていったところ、まさに食べることを楽しむというよりも、仕事をするため、動くために食べるという面が強いように感じられます。

人間は本来そんなに神経質にならなくても、お腹が減ったと感じて美味しく食事を食べ、ああ楽しかった美味しかったと感じて満足すれば、極端に太ったりしないという経験もしてきたので、極端に食事を抜いてしまったり、食べ方に偏りが出るのは、女の人生の楽しみを、放棄しているようなものだと思いますので、せっかく美味しいものが溢れているこの世界にいるのです、もちろん食べ過ぎには注意して、女の人生満喫してみてはいかがでしょうか?

● 痩せすぎによるリスクをしっかりと理解する

やはり美しくいたい、理想の自分でありたいと願う女心は個人的にもとてもよく理解できるものですが、そんな自分の欲望だけに目を向けることで起こるリスクについても、情報をしっかりと理解して、後悔のない人生を歩んでいただければと思います。

人生は長いようであっという間に過ぎていきます!

個人的に摂食障害まで経験して、20代のほとんどをそれらを克服するプロセスを経験するために費やしてしまい、ボロボロの心と体を建てなおしてきた経験から、素直にそうお伝えしたいと思います。

痩せすぎは注意が必要な状態でもあり、まったく心配要らないという場合もあり、不食といって食べない生き方をされている人もいて、生き方はいろいろとあります、現代ではその幅がさらに広まっていったため、何がどうなっているのか分からないと感じる方もいると思いますが、個人的経験からお話をさせていただければ、痩せすぎのリスクを知ったうえで、自分はどう生きたいのか?

そこをやはり見つめていくことが重要になると思います。

特に女の人は、出産を望んでいるのであれば、やはり痩せすぎは大きなリスクがあることがすでに分かっているようですし、妊娠しづらくなる可能性も高いことが理解されています。

将来的に子供を持つことを望んでいるのであれば、リスクを理解してそれを取り除いていくのが、あなた自身の願いを叶える生き方に繋がるのではないでしょうか?




女性が痩せすぎていることで起こるリスクや注意すべきことは何かを知り、女の人生をどう選択していくかは、一人ひとりの内側に備わっているのだと、個人的には思います。
前の1件 | - 健康情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。