So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリー:痩せた芸能人

痩せた芸能人 ブログトップ
前の1件 | -

痩せすぎると危険な病気は? [痩せた芸能人]

痩せ過ぎると危険な病気は?というタイトルで、記事を書きたいと思います。

1 痩せすぎる理由は?
2 痩せ過ぎの人がなる病気
3 痩せすぎると危険な病気は?
4 痩せすぎるリスクは?

スポンサーリンク




痩せすぎになりたい、体をガリガリにしたい、細くなりたいと考える女性は多いようですが、男女ともに痩せ過ぎが原因となっている病気などもあるようです。

今回の記事では、痩せすぎの人が患っている、または危険な病気について、情報をまとめていきます!

いつもクリックしていただきまして、ほんとうにありがとうございます!
人気ブログランキングへ

痩せすぎる理由は?

痩せすぎは危険な理由.png

一般的に痩せすぎになる病気で有名なのはやはりがんですが、まずは、痩せすぎてしまう人の、体の理由に関する情報をまとめていきましょう!

痩せすぎの人は、病気が理由だったり、特別なんらかの病気があるわけではないのだけれど、生まれつき胃腸が弱い、大食いタレントなどのような、特異な体質を持っているなどの理由から、痩せすぎている状態の体つきを持っている方もいます。

それでは、痩せすぎの方で、危険な病気ではないのだけれど、ある理由があるという場合は、いったいどんなことが考えられるのでしょうか?

● 睡眠不足
● 過度なストレス
● 精神的なもの
● 遺伝の影響
● 猫背や骨格の歪み
● 栄養の偏りや酵素の不足
● 歯が影響している
● 突発的な事故
● 口内細菌
● 筋力不足など
● 食が細すぎる

痩せすぎる理由は、一般的にこのような理由があるといわれています。

一昔前は、都市伝説として、寝ないと痩せすぎるなんて話があり、ダイエット効果が期待できるという情報が広まっていたことをよく覚えていますが、個人的経験から、確かに睡眠不足は痩せましたが、人によっては逆に太るという方もいるようです。

過度なストレスは、食欲不振を招いてしまいます、食べられなくなれば当然痩せていきます。

ストレスが続くと、食欲不振も続くことで、痩せすぎてしまう場合がありますので、程度なストレスは、人間を進化させていくものではありますが、あまりにも過度なストレスは、かえって心身にかなりダメージを与えてしまいますから、注意したいものです。

精神的なものでも、やはり食欲不振をひきおこし、悩みが深すぎることは、様々な不具合を発生させてしまいます。

遺伝的に痩せすぎの体型が、その人にとって普通である場合もあり、太れない人もいます。

骨格の歪みなどがあると、免疫力なども落ちてしまい、体内の代謝も悪くなってしまい、内臓機能も低下してしまうので、食欲不振を招いてしまいがちです。

酵素が不足して栄養不足になると、やはり痩せすぎていきますので注意が必要となります。

歯が抜けていたりすると、しっかりと食事を噛めないので胃腸への負担が大きくなり、消化不良を起こすと、下痢をしたりするので、やはり太れない状態となり、体調も崩してしまう可能性があります。

なんらかの事故で後遺症が残ってしまっている場合も、太りたくても太れない原因になるといいます。

最近の医学で口内細菌は、様々な疾患と関わりがあることが分かっていますので、これも痩せすぎるなんらかの原因になってしまうと考えられます。

筋力不足も、痩せすぎる傾向があり、年齢を重ねていくと、筋肉が落ちてしまいますので、しっかりと筋トレなどを行って、不足しないようにしないと、水分量も若いころと比べて減り、骨も弱くなっていくので、痩せすぎてしまう場合があります。

食が細すぎるとやはり、太ることが出来ませんので、痩せすぎてしまうのです・

痩せ過ぎの人がなる病気

痩せすぎてしまう人の体には、次のような病気が考えられるといわれています!

● 糖尿病
● 高血糖
● 甲状腺機能亢進症
● 褐色細胞腫
● アジソン病
● 下垂体機能低下症
● 副甲状腺機能亢進症
● 貧血
● 骨粗鬆症
● 中枢性摂食異常症
● 胃潰瘍
● 十二指腸潰瘍
● パセドウ病
● 急性・慢性胃炎
● うつ病
● 食道がん
● 膵癌
● 胃がん
● 大腸がん
● B型またはC型慢性肝炎
● 肝がん
● 胆嚢、胆管がん
● 肝硬変
● 肺がん
● 腎がん
● 摂食障害
● 潰瘍性大腸炎
● 吸収不良症候群
● クローン病
● 慢性膵炎
● 肺結核
● アルコール依存症

これらが、痩せすぎたときに考えられる病気になります。

BMIでは、痩せすぎは18・5以下の数値が出ている方のことをいいます。

ネットでBMIと入れると、計算できるサイトが出てきますので、そちらに体重と身長を入れて計算し、BMIがどんな数値になるか確かめてみましょう。

こちらで痩せすぎだということになると、やはり病気、さらには先程書いた、痩せる理由などをふりかえってみて、心当たりのあるものを、自分の生活から排除するなどの対処をされることをおすすめします。

そもそも、BMIは信頼出来るのか?

これは厚生労働省やWHOも採用しているので、これを知れば信頼度が高いことが分かるかと思います。

ただ、これらはあくまでも基準であり、人には同じ身長と体重でも、体質や骨の太さ、さらには筋肉質なタイプなのか、華奢なタイプなのかによってもいろいろと細かい違いがありますので、一概にBMIを盲信しすぎるのも問題だと個人的には思いますが、一般的な指針になると考えられます。

あくまでも基準ですから、そこはご了承ください。

痩せすぎると危険な病気は?
痩せすぎると危険な病気は?.png

ここからは、痩せすぎると危険な病気について情報まとめていきます。

もちろん、病気になり、痩せすぎることで、免疫力や体力が落ちてしまい、病気を克服する力がなくなるので、どんな病気でも、痩せすぎると危険であることは、普通に考えても分かる話です。
スポンサーリンク



その中でも、次のような病気は、痩せすぎると危険であると言えると思います。

● 摂食障害

これは、病気というよりも障害になりますが、2006年に、モデルが拒食症が原因で亡くなるケースがあり、業界では痩せすぎモデルに関して、ヨーロッパでは禁止する法律が出来たり、啓蒙活動を行うようになり、大変揺れたことがあります。

摂食障害の特に拒食症は、痩せすぎると大変危険な状態になります。

ですから、周囲もかなり気をつけてあげなければなりませんし、本人の中で、どうしてもその状態でいることが心地良いという認識があると、どうしても治らないものでもあります。

摂食障害は、難病指定されているので、克服はかなり難しいと言われています。

個人的にも経験者ですが、運が良く、克服することが出来ただけでなく、発症が20代だったこともあり、もちろん危険な状態にもなりましたが、病気を発症することなく、治すことが出来たのです。

本当にラッキーだったと振り返って思います、家族の助けと、自分自身のファイトに、心から感謝していますが、一歩間違うと、亡くなったモデルと同じ状態になっていたかもしれません。

ただ、やはり女盛りの時期に摂食障害の症状で苦しんだため、女性ホルモンが低下し、無月経となったり、結局妊娠することもなかったのです。

拒食症であった女優などが、その後子供を産んだケースはありますので、みんながそうなるとは限りませんし、知り合いの女性で、長年摂食障害の症状を抱えていたのにも関わらず、なんと妊娠して出産した方もいます、しかも40歳を過ぎてからですから、諦めることはないと思います。

痩せすぎで危険な病気は他にもあります。

● がん関係

人間は様々なところにがんが出来ますが、がんという病気も、痩せすぎると危険だと言われています。

何故なら、すでに書いたとおり、症状を克服するための免疫力や体力がなくなってしまいます。

近年、がんで亡くなった女優に、川島なお美さんがいらっしゃいますが、彼女も、最後はかなり痩せすぎてしまいました。

がんで激やせした川島なお美.png

どんどん体力を奪われてしまう痩せすぎは、やはり病気に対抗する力を奪いますから、十分注意が必要となります。

痩せすぎるリスクは?

ここからは、痩せすぎることで起こるリスクについて情報をまとめていきましょう。

例えば、痩せすぎた男性ががんにかかった場合、死亡リスクが高まることが、研究結果で分かっているのです。

しかも、肥満の人よりも高い確率なのですから、驚きますが、実は肥満の人も、死亡リスクが高まります。

どちらかというと痩せすぎの人のほうが危険であるとは言われていますが、これもまた、すでに書いているように、はじめから痩せすぎている場合、太っている人よりも脂肪が少なく、免疫力や体力などでマイナス面となることなども、関係している可能性は否定出来ません。

一般的にBMIの数値が22になっていると、病気にかかりにくいと言われています。

18・9以下や25以上になると、がんなどの危険な病気になるリスクが高まることがすでに分かっています。

他には次のようなリスクが考えられます!

● 精神的に不安定になる
● 病気にかかりやすくなる
● 筋肉量が少ないので疲れやすくなる
● 貧血になりやすかったり、心肺機能が弱る
● 感染症やがんになるリスクが高まる
● 女性なら生理が止まってしまう

これらのリスクが、痩せすぎの危険でリスクになります。

2012年にスウェーデンで行われた、心臓疾患の患者6万4000人を対象にした調査では、太り過ぎの人よりも、痩せすぎの人は死亡リスクが3倍だったといいます。

認知症の発症リスクも、痩せすぎの人のほうが高いという研究結果が出ているのです!

どちらにしても、極端に痩せすぎていたり、太りすぎているというのは、リスクが大きいという話になります。

ただ、人によっては、その体型で健康を維持できるという痩せすぎの人がいたり、太り過ぎの人がいたりと、病気にはストレスが関係しているという説もありますので、一概にこうだと言い切れない面があることも、ここではっきりと書き加えておきたいと思います。
スポンサーリンク



今回は、痩せすぎると危険な病気に関して情報をまとめていきました!

共通テーマ:芸能
前の1件 | - 痩せた芸能人 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。