So-net無料ブログ作成
検索選択

小林香菜の病気壊死性リンパ節炎とは?

 うつ病・パニック障害になった芸能人 

小林香菜の病気壊死性リンパ節炎とは? [病気になった芸能人]

小林香菜の病気壊死性リンパ節炎とは?というタイトルで、記事を書きたいと思います。

1 小林香菜のプロフィール
2 小林香菜が病気?壊死性リンパ節炎とは?
3 小林香菜は卒業しないの?
スポンサーリンク



AB48に所属しているアイドルの小林香菜が、病気になって休養をしているようです。

彼女は一体どんな病気を患ったのか?

詳しく見ていきたいと思います。

いつもクリックしていただきまして、ほんとうにありがとうございます!
人気ブログランキングへ

小林香菜プロフィール

小林香菜のプロフィール.png

多くの方がご存知だと思いますが、改めて小林香菜とは一体どんな女性なのかについて情報をまとめていきます!

1991年5月17日生まれの24歳、え?意外と大人な年齢に驚きました!

2005年9月にAKB48オープニングメンバーオーディションを受けたのですが、書類選考まで残ったのに惜しくも落選!

翌年の2月26日に行われた「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格して芸能界デビューをすることになりました。

同年4月1日にメンバーとしてAKB48劇場で公演デビューし、活躍をすることになりました。

2011年4月になると、東京タワーイメージガールに選ばれ、4月9日に公開された映画「はい!もしもし大塚薬局ですが」で初主演を果たしました!

同年の12月には、「夜景鑑賞士検定3級」試験に、92点で合格するという快挙を成し遂げましたが、小林香菜が受けたこの夜景鑑賞士検定ってどんなことを学ぶのでしょうか?

この検定の目的は、好きな人にとってはたまらない夜景の魅力を知り、その知識を深めることで、生活にうるおいをもたらすだけではなく、観光的な価値として夜景を理解することを目的としているようです!

小林香菜が受けたのは2011年ですが、この検定が始まったのは2008年7月からとなり、2015年現在までに8000人の人が受講して、4500人合格しているということですから、意外と合格率は高くないようですね、半数は落ちてしまうのですから、高点数で合格した小林香菜はなかなか優秀な人物のようです!

2、3級はネットでの受験のみで、現代風な感じがとっつきやすいですが、1級は会場での受験となるようですから、小林香菜はネット受験で合格したということになります。

10代~70代まで幅広い年齢層の方が受験していて、もちろん年齢制限などはないので、誰でもチャレンジ出来ます!

小林香菜と同じ資格が取りたいと思った方も、ネットで受験できますから、気軽にチャレンジできます!

そんな、新しい世界観の試験に合格した小林香菜ですが、小学校で卓球部、中学ではテニス部に所属していたスポーツ好きな女性でもあるようです!

ブログで自分の作った料理を披露するほどの料理好きですが、元々は苦手だったといいます!

近年芸能人がブログやInstagramを使って、自分が作る料理などを披露していますが、料理が出来る人は、男女問わず個人的には尊敬出来ます!

小林香菜の手料理.png
「小林香菜さん本人のブログより」

創造性豊かな人だなと感じられますし、食べるということは生きることに直結していますから、そこを補える力量があるというのは、人間的な魅力を感じますが、しない人だってもちろん魅力的です!

料理好き&ネギ好きでも知られていて、なんとネギの栽培にチャレンジして成功したという経験を持っていますが、アイドルらしくない面に、現代のアイドルは日常に根ざした生き様を見せることが魅力のひとつになっているのかと、改めて時代の流れの変化に驚かされます!

一昔前の小林香菜のようなアイドルは、トイレにも行かないと真剣に思い込んでいたファンもいるほど神さまみたいな存在のように扱われていましたから、この料理、ネギ、さらに検定試験に合格したアイドルという図式は、まさにこの世界の人間を、一般の人と同じレベルに引き下げて、一緒になって楽しめる人たちという位置づけにしているのがこれらの情報ではっきりと分かります!

好きな食べ物は韓国海苔、麺類、チョコバナナ、きのこ、フルーツ、生ハム、お菓子、鍋、サラミなど、なんでも食べそうな勢いのある食物が好きな、匂いフェチ!

大のモンスターズ・インク好きで、中でも「ブー」というキャラクターが大好きなんだとか!

AKB48の中では影が薄いと言われているのですが、一定のファンがついているようで、目が大きく、お水っぽい魅力がどうやら人気の秘密なんだとか!

中居正広にも「お水っぽい」と言われたことがあり、デビューした頃はその目の大きさなどの魅力で、センターなどにも抜擢されたきました。

なんでも、街を歩けばキャバクラ嬢になりませんかと声がかかるほど、水商売の人たちから見ても、お水っぽい女性に見えるようです。

なんと5分で4人にそのような言葉をかけられたという記録を持っているようです、24歳ですからアイドルとキャバクラ嬢を選ぶなら、やはり芸能界が魅力的に思えるのではないでしょうか?

すでに24歳ですから、アイドルというよりも、お姉さん的な立ち位置になりますが、それでは小林香菜の発症した病気について、情報をまとめていきます。

2013年8月21日には、小林香菜本人がツイッターで「手足口病」という病気を発症したことを、ファンに報告したのですが、同じ年に18万人の患者が出たというほど流行したこの感染症にかかったときには、次のような症状が出て苦しんだようです!
スポンサーリンク



小林香菜が発症した手足口病の症状は、「肌荒れして口の周りがヒリヒリする」などの状態だったようです。

この病気は手足に発疹が出るという症状を出すもので、年代関係なく感染症なので発症してしまいます。

この病気については後ほど詳しくまとめてあります!

小林香菜が病気?壊死性リンパ節とは?

そして、小林香菜は2015年12月29日に更新したツイッターで、違う病気だったことを明かしています。

すでにご存知の方も多いと思いますが、それがタイトルにもなっている病気で「壊死性リンパ節炎」です。

この病気を診断された時には、10日間くらいずっと39・5度の高熱が続いていたといいます。

ツイッターを更新したこの日に大きな病院に行ったところ、壊死性リンパ節炎という病気であると診断されたのです。

首の横にしこりがあったので、小林香菜は心配していたようですが、人に伝染ることはないというこの壊死性リンパ節炎という病気だと診断されたことで、ホッと一安心したようです!

症状はかなり本人にとって辛いようで、ツイッターにもそのような書き込みがあります。

小林香菜がツイッターで病気を告白.png
「小林香菜さん本人のツイッターより」

壊死性リンパ節という病気が完治するまでは、1~2ヶ月かかるようで、年越しで病気と向き合っていかなければならないようです。

では、小林香菜が患ったこの壊死性リンパ節炎という病気とは一体どんなものなのか?

別名「菊池病」と呼ばれているのですが、1972年に、福岡大学病理学の菊池昌弘教授が初めて報告した病気になります。

原因は現在もまだ不明となっていて、正式名称は「組織球性壊死性リンパ節炎」で、40歳未満の方によく見られる病気で、女性にやや多いと報告されています。

小林香菜の現在の体の様子は、次のような状況だと言われていますので情報をシェアしておきます。

壊死性リンパ節炎という病気は、リンパ節の腫脹(腫瘍や炎症で体の組織の一部が腫れあがること)や、疼痛(チクチク、ビリビリ、ジンジンする痛み)が起こる良性の疾患です。

小林香菜がツイッターで書いているように、症状は発熱、そして倦怠感や関節痛、皮膚の発疹、リンパ節の腫れで、このリンパ節の腫れは、小林香菜も書いているように首に多いと言われています。

扁桃腺が腫れることもあり、なんの治療もせずに自然に快方に向かうことが多く、治療法もこれらの痛みやリンパの腫れに対しての対処療法か、ステロイド剤を使う方法が一般的です。

一般的に抗生剤は無効であると言われていて、予後は良好となる病気だと言われているので、小林香菜が書いている通り、数ヶ月過ぎれば健康を回復すると言われています。

それほど心配がある病気ではないようですが、本人も書いているように、リンパ節の痛みなどや、高熱などが続くことが多いので、壊死性リンパ節炎が治るまでは、かなり体調もしんどいはずです。

体力も消耗するでしょうから、少し痩せてしまうかもしれません。

原因はすでに書いているように不明ですが、アレルギー説、ウイルス説、局部の異常免疫反応説などが出ていますが、結局特定出来ていないため分からないのです。

男女比は1:2~3と、すでに書いているとおり、女性にやや多い病気です。

自然に数ヶ月で快方に向かうといっても、現在この病気を発症している小林香菜にとっては辛い状態が続いていることと思います。

なんでも発熱が1ヶ月続いた例もあるようです、約4%ほどが再発することもあるので注意が必要でもあります。

タレントの森下千里さんも、壊死性リンパ節炎を発症したことを、2015年1月28日のブログで告白していましたが、病名にぎょっとしたとか!

亜急性壊死性リンパ節炎とその時は診断されたようです、このようにも呼ぶ病気でもあります。

2013年も手足口病という病気を患った経験を持っていますから、ちょっと免疫力が落ちていたのではないかと考えられます。

ちなみに手足口病とは、一般的に夏に子供に流行する病気として知られています。

90%が5歳以下の乳児が発症するのですが、もちろん大人だってこの病気を患うことがあります。

指先に発疹や痒みが出て、大人だと40度近い高熱を出す人もいます。

他には頭痛や悪寒、筋肉痛なども出てきて、大人がこの病気にかかると、重症化することもあると言われているのです。

小林香菜も発症した経験を持っている、手足口病という病気の治療薬や予防薬はないので、自然治癒を待つしかありません。

今回彼女が発症した壊死性リンパ節炎という病気も、結局自然治癒をするのを、ステロイド剤などを使いながら待つしか無いので、症状は辛い状態ではないかと予想されます。

一日も早く楽になるといいですね。

小林香菜は卒業しないの?

小林香菜と2期生.png

小林香菜の病気について情報をまとめてきたので、ここからは24歳になった彼女は、AKB48を卒業しないの?といった情報を見ていきたいと思います。

彼女がAKB48に入ったのは9年前の2006年で、小林香菜が15歳のときになります。

年齢も年齢なだけに、小林香菜はどうして卒業しないのかと思っているファンも多いようですし、逆に辞めないでと願っているファンも多いようです。

本人がブログ記事で1000回公演を目指していると公言しているようですし、1、2期全員見送ってから辞めるとも話しているようです。

2015年の4月7日で、公演回数が839回となっています、1000回まではまだまだかかりそうですから、小林香菜の明言通りだと、彼女の卒業はまだ数年先になるのではと思われます。

個人的にも、容姿を見ると確かにアイドルというよりもキャバクラ嬢に向いていそうな色気を持っている小林香菜、どちらにしても、女性としての魅力はたっぷりあると感じられますが、あなたはどう思いますか?

男性からしたら、容姿の好みもありますから、色気だけではアイドルの世界でぶっちぎりの人気を持つことは難しいようです。

意外とシビアな芸能界で活動していくのも大変なのではないでしょうか
スポンサーリンク



今回は、小林香菜の病気、壊死性リンパ節炎についての情報などをまとめていきました。

共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。